バツイチ男

会話が続かない!マッチングアプリのデートで初回に「昼間カフェ」はムリゲー!

自信がないのに、マッチングアプリの初回デートで「昼間カフェ」はムリゲー!
モテない後輩のヘニョリータ
色々なサイトでマッチングアプリの初回デートの方法見てたんですけど、やっぱり初回は昼間にカフェとかが良いんですか?
無難に行くならカフェがいいだろうけど、会話できる自信あるの?
 87 (ハナ)
モテない後輩のヘニョリータ
大丈夫です!色んなサイトで会話の方法も知ったし、今回は万全です!

・・・・数日後

モテない後輩のヘニョリータ
だ、だめでした。緊張して全然会話が弾まなかったです・・・
それは自分に自信がないからだぞ!まずは、自分に自信をつけることが大切なんだ!
 87 (ハナ)

 

どこのサイトにも、マッチングアプリの初回デートは「昼間のカフェ」と書いてあります。

 

それは女性の警戒心を解くために間違っていないんですが、それができるのは会話に自信がある人だけ!

 

自分の会話に自信がないのに初回デートで「昼間のカフェ」は、ムリゲーです!

 

今回は、自分自身のスキルアップのため(彼女をつくるわけではない)、会話を盛り上げるための初回デートの方法を解説していきます。

 

僕も口下手で自分に自信がない時期があったけど、50人以上の女性とデートを重ねて自信を持つ事ができ、今は「大好き」と言える人と再婚できました。

 

まずは、会話のコツよりも、自分に自信をつけること。恋愛は「RPGゲーム」です。経験値を積みましょう。

 

 

会話が続かないのに「昼間カフェ」はムリゲー!

自分に自信がないのに初回デートで「昼間カフェ」はムリゲー!

 

昼間にカフェデート行ったけど、「会話が続かなくてだめだった」って経験ありませんか?

 

その理由は・・

  • 「自分に自信がない」
  • 「何を質問してよいかわからない」
  • 「コミュ障」

 

どれも自分に余裕がない状態なんです!

 

そんな状態で「昼間カフェ」に行っても、チラチラメニュー見たり、トイレに立ったり、沈黙でどもったりして余裕のなさが表れちゃいますよね。

 

「自分の自信のなさ」は伝染する

1つ覚えて欲しいのは、「自分の余裕のなさ」は女性にも伝染するということです。

 

  • 「この人なんかソワソワしてるな」
  • 「会話がぎこちないな」

 

それは女性にも伝染し、「つまらない」に変わります。

 

ねっ、ムリゲーでしょ!

 

「余裕」を持つ事が大切

とにかく「余裕」を持つ事が大切です。それは「女性に馴れる」ことから始まります。

 

なぜ余裕が必要なのかというと、女性は「このひと頼りない」と感じるからです。

 

頭の中で余裕のある人を思い浮かべて下さい。

 

  • どこかの社長
  • 群れのボス

 

どちらも「リーダー」です。何かを率いて、部下たちをリードしてくれます。

 

女性は本能的に自分を引っ張って行ってくれる人を探します。そのため、「オドオド」は恋愛対象に入りません。

 

そもそもそんなに会話をする必要はない

「無言でも落ち着くんだよね」

 

この言葉、よく聞きませんか?

 

これは無言でも落ち着ける人。つまり余裕のある人を指します。

 

そんなに会話をする必要ないんです。どっしりとしていましょう。

 

それには練習が必要です。自信がないのに、昼間のデートで「自分の会話のみ」で勝負することは無理があります。

 

会話が続かないからこそ、初回デートは「夜」を選べ!

自分に自信がないからこそ、初回デートは「夜」を選べ!

 

自信がないからこそ、「夜デート」をオススメします。

 

僕は夜デートで「女性慣れ」をすることで、「昼間のデート」でも問題なく会話することができるようになりました。

 

いきなりデートで「彼女をつくるぞ」というスタンスでいくことがそもそも間違いです。

 

あなたが思う理想の女性像があるとして、その人とあなたは今均衡がとれていない状態です。

 

まずはいろいろな女性と出会い、「スキルアップ」を目指しましょう!

 

夜デートのメリット

  • 女性との距離感を近づけることができる
  • お酒の力で会話が弾む

 

女性との距離感を近づけることができる

女性と親密になる方法、それは「カラダとココロの距離感」をできるだけ近づけることです。

 

なにも「大人の関係」になれと言っているわけではありません。そもそも昼カフェもまともに攻略できないのに「大人の関係」は無理です。

 

物理的にカラダが近い状態にいることで、「ココロ」の親密度がアップします。

 

女性と近くにいれば「ドキドキ」しますよね。それは女性も同じです。この「ドキドキ」という状態しか、恋愛に結び付きません。

 

お相手によっては「きもっ」と思われます。でもこれは練習です。女性と上手に関われるようになれば「キモっ」と思われる状態はなくなります。

 

上手に関わる=余裕です。余裕を持てるようになれば、「きもっ」と思われません。キョドっているから「きもっ」と思われるのです。

 

お酒の力で会話が弾む

会話が苦手なのだから、お酒の力を借りましょう。飲みすぎは禁物。

 

お酒の力を借りて話ができるようになるなら、何もできずに「キョドっている」よりずっと良いです。

 

会話の流れはこうです。

 

  1. 仕事の話
  2. 趣味の話
  3. 過去の話
  4. 恋愛の話

 

会話のポイントは、女性に話してもらうことです。あなたは3割程度の自己開示をして、それにそった話を相手にしてもらいましょう。

 

 87 (ハナ)
高校のときに彼女にこんなこと言われてさ。すごく傷ついたんだよね。(自己開示)

〇〇ちゃんは、高校の時好きな人いた?(質問)

 

あとは、勝手に7割話してくれます。これは本当です。女性は話すことが大好きです。

 

それに「あるある」をまぜて共感してあげればOkです。

 

余裕を持って相手の話をじっくり聞きましょう。

 

夜デートのデメリット

夜デートにはデメリットもあります。

 

それは夜デートに誘う時断られる可能性があることです。

 

でも練習なので、メッセージでお酒の話をして盛り上がった人を誘えば問題ありません。

 

とりあえず数をうち、行ける人と行ってください。たとえ「好みじゃない」人でも。

 

会話の練習を重ね、自分に自信がある状態になれば自然と「好みの人」ともデートできます。

 

夜のデートプラン

夜のデートプラン

 

お酒を交えてのデート、例えば「居酒屋」としましょう。その時にあなたは「対面テーブル」を選びますよね?それでは「親密感」は演出できません。

 

  • 2人がけの横並びテーブル(無理ならカウンター)
  • できれば個室

 

これを1軒目で選んでください。デートに来てくれているんですから、初めは「えっ」と思われても問題ありません。

 

「スケベ心」と「不潔感」はNGです。

 

「スケベ心」は一切なし、「清潔感」のある装いでデートしてください。この時女性は「この人スケベ心あるな」と思っています。

 

でも、それを挽回できる「誠実さ」があれば問題ありません。

 

「誠実さ」ってわかりませんよね。わからないなら、「全ての女性」そして「目の前の彼女」を肯定し続けることです。

 

相手が言う話に全て肯定し、共感してください。

 

あなたは少し会話をして、余裕ある態度で相手の話を聞くだけでOKです。

横並びテーブル(カウンター)の席のメリット

  • 目を合わせなくても良い時間が多い
  • 自然とボディータッチができる

 

目を合わせなくても良い時間が多い

対面だと、どうしても目線が合いますよね。それがキョドる原因です。

 

「キョドっていない」と自分で思っていても目が泳ぎます。それでは余裕をもてませんし、会話もぎこちなくなります。

 

特に席に座ったばかりの頃は、キョドって仕方ありません。なるべく彼女を見ないようにしましょう。馴れたら自然と目線を合わせることができます。

 

自然にボディータッチができる

ボディータッチは最強の距離感をつめる行動です。これが自然にできれば、もう勝ちです。

 

でもはじめは難しいですよね。その時は無理に触る必要はありません。

 

  • 肩と肩がぶつかりそうになる
  • 手と手が触れそうになる
  • 足と足が触れそうになる

 

つまり物理的にカラダが近くにいることで、対面の数倍の親密度アップにつながります。

 

ボディータッチは最強

さらにボディータッチができれば最高です。ボディータッチによって相手の脈ありがわかります。

 

ボディータッチしようとしたときに、女性の身体がこわばったり、うしろにのけぞったら脈なしです。

 

ココロをゆるしていたり、Okな場合はカラダは何もおきません。むしろ何もおこさないように女性はしています。

 

さわる方法は「つっこみ」です。軽く肩を叩く程度でOKです。

 

ポイントは「するぞするぞ」と一切思わないこと。

 

「それくらい普通」と自然に思うことが大切です。これは慣れなので、練習を重ねましょう。

 

まとめ:会話が続かないのに、デートで初回に「昼間カフェ」はムリゲー!

まとめ:マッチングアプリのデートで初回に「昼間カフェ」はムリゲー!

 

  • 「何を話したら良いかわからない」
  • 「会話がぎこちなくなる」

 

これらは、全て「余裕のなさ」が原因です。

 

会話をなんとかしようとする前に、「女性に慣れる」ことが大切です。

 

そうすることで、自然と何を話したら良いかわかるようになりますし、女性の会話を引き出すことができます。

 

余裕を持つには練習が必要です。練習をしていないのに、いきなり「昼カフェ」はムリゲーです。

 

まずは「夜のデート」でお酒の力を借りて、練習を重ねましょう。

  • この記事を書いた人

ハナとyoko

87(ハナ):26歳で結婚→性格の不一致で発狂→30歳で離婚(子なし)→ナンパ師に恋愛のノウハウを叩きこまれ、55人の女性と出会う→33歳今の奥さん(シングルマザー)と出会い再婚。
yoko:2歳の頃に離婚。シングルマザーとして4年間1人で悩み、1人で決断し、1人で子どもを育ててきました。
33歳で今の旦那に出会い、子どもと今の旦那の仲良しな姿を見て再婚を決意。
このブログは「バツイチ男」と「シングルマザー」が胸を張って婚活して欲しいとの思いで、夫婦で運営しています!

-バツイチ男

Copyright© バツイチ男とシングルマザー , 2021 All Rights Reserved.